女性

アントシアニンは肩こりや眼精疲労などにも効果的

抗酸化力が最大の魅力

果実

相乗効果を得る

アントシアニンは、ポリフェノールの一種で青紫色の天然の色素のことです。植物が紫外線の影響から身を守るために蓄える成分です。アントシアニンには、眼精疲労を予防したり目の機能を向上させる働きがあると言われています。また、摂取する時は、ビタミンCと一緒に摂取することで相乗効果が得られると言われています。ビタミンCは、アントシアニンが持つ抗酸化力を更に上げてくれる役割をすると言われています。その為、1つだけを摂取するのではなくなるべくビタミンCと一緒に摂取することが望ましいと言えます。目を酷使するような作業の前にアントシアニンを摂取することで、眼精疲労が少なく目の機能を維持できると言われています。

健康の効果

アントシアニンは高い抗酸化力があることから、目以外にも健康効果があると言われています。肝機能の改善の他に血糖値上昇の抑制などの作用もあるため、メタボリックシンドロームや花粉症の予防効果もあると言われています。アントシアニンは、ベリー類の果実や茄子、紫芋、紫キャベツ、シソなど紫色をした野菜に多く含まれています。しかし、健康効果が得られるのに必要な量を食品から摂取するとなると、大量に消費する必要があります。また、体内に吸収されてから1日以内に尿として体外に排出されてしまいます。その為、毎日継続的に摂取していく場合は健康食品を活用することで、効率よく摂取することが出来るようになります。